実験の応急処置と亜鉛などについて勉強した

実験の応急処置などについて稽古しました。取り敢えず、ガラスの破片でけがをした実態についてだ。出血が多いときは清潔な布で傷口を突き止め、病院へ行きます。ガラスの破片がスキン内にあるかどうかを調べ、入っていないでキズがつまらない場合はオキシドールで洗い流し、消毒・滅菌薬をぬり包帯をする。薬品がスキンについた場合は、あっという間に多量の水で思い切りすすぎます(流水15分け前くらい)。薬品が目に入った場合は、直ちに漏れる水でよく流します(目線の粘膜を害するので水勢をきつく控える、こすらない)。医者のメンテナンスを受けます。薬品を飲んだ場合は、水かお茶、バストを多量に飲んではきます(薬品が淡くても助言)。次は、物についてだ。亜鉛(Zn)は、色彩は青白で状態は固体だ。密度は7.134(g/立方センチメートル)(25℃)だ。アルゴン(Ar)は、色彩は無色で状態は瓦斯だ。密度は0.001784(g/立方センチメートル)だ。全く勉強になりました。http://www.premiumreference.com/