東京オリンピックに向けてマラソン界も盛り上がってきたようです。

名古屋ウィメンズマラソンで初マラソンの安藤友香選手が、日本歴代4位になる好記録で日本人1位となり、全体でも2位となりました。内容的にも1位だったリオ五輪銀メダリストのキルワを前半からマークし、最後まで追い続けたという事で、世界に通用するランナーが出てきたことを印象付けました。女子マラソン界も男子同様オリンピックや世界選手権など主要な大会でのメダル獲得から遠ざかっていて、低迷期と思われていいましたが、今大会日本人2位となった清田選手も2回目のマラソンで自己記録を更新する2時間23分台の好記録でを出しており、東京オリンピックに向けて徐々にですがマラソンが盛り上がってきている印象があります。男子にしてみても、まだエースと呼ぶことのできるような選手は出てきていませんが、箱根駅伝で活躍し大学生のうちにマラソンに挑戦してくる選手が出始めるなど、何とかしていこうという機運が感じられるようになってきています。東京オリンピックも刻一刻と近づいてきます。男子も女子も順調に盛り上がって行ってほしいと思います。

携帯が壊れてしまって大変です。スマフォは壊れやすい

現在ケータイが砕けることが多いんです。とにかく高価な物ほど傍ミラーにひびが入ります。宜しいものを買っても一気に壊れてしまうような感じでどうしても損した気分になりますね。大勢ローンで金額10万円くらいのケータイを購入するのですけれど、ぐっと安く購入した物のほうが長持ちが講じるんです。漠然と気分的に何より高価なものの方を大事に扱いますよね。安価なものの方を手荒に賄うのでどうしてでもいい感覚でほっておいている。何故高価なケータイの方を壊れ易く作るのかと自分でも不思議に思うんです。ミラーなどは本当に綺麗でいいんですが、磨くのに特殊な物品を購入して対応しなければいけなくなったり、却って壊れたときもひとときと直し費が異様なほど高かったりと何だか壊れ赤字のような感じがします。壊れたケータイから報告を抽出するのも必ずや大変で、系のミクロチップなどが壊れると果たして値が台無しになってしまって一大んです。値の毀損だけは果たして困りますしね。ショップで対応してもらっても値が壊れてしまうとバックアップしていないならば最初から手打ちで入力しなければいけなくなってしまいます。