ダサかったわたしにお姉さんがしてくれたアドバイス!

突然ですが、わたしはダサイです。
服のセンスがまったくといっていいほどありません。
しかも、奇抜な衣装で個性的〜!というダサさではなく、本当に突っ込むのもはばかられる方の地味なダサさなんです。

自分にセンスがないというのは中学校のころから薄々気づいていました。
なんか、周りの女友達、めっちゃおしゃれじゃん?
そう思いながらいつも遊んでいました。

一度そんなわたしを見かねて、おしゃれで性格のいい近所の2つ上のお姉さんが、服を選んでくれたことがありました。
まだ中学生で遠くまでは行けなかったので、親の許可をもらってネットで選ぶことに。
「あのね、着まわしを考えて選ぶといいんだよ。カーキとか、ボルドーはなかなか最初は難しいと思うから。」
わたしはカーキやボルドーの服をやたら持っていたのでさりげないアドバイスがありがたかったです。

そんな中お姉さんが選んでくれたのは黒のパンツ。
そんなにスリムな感じではなくどちらかというとAラインのものです。
(今一生懸命オシャレ用語使ってみました。)

これがものすごく使いやすくて、それからはその黒のパンツにいろいろなTシャツを合わせたり、ブラウスを合わせたり、オシャレが何だか楽しくなったほどでした。
洗濯しちゃったときは、一歩も外に出られないほどその黒のパンツはマストアイテム。

そして社会人になった今、わたしは今もクローゼットは黒のパンツだらけ…。
お姉さん、もし連絡とれるならまた服選んでほしいです…って思いでいっぱいです…。顔脱毛 化粧